園にかかる費用

園にかかる費用は、主に保育料+諸経費

保育料(利用者負担額)

※2019年10月から「幼児教育・保育の無償化」により3歳児~5歳児の保育料が無償となりました。下記のページに解説しています。

●子育て支援新制度の施設

東大阪市内の子育て支援新制度の認定こども園・公立幼稚園、公立保育所・認可保育園や小規模保育施設などの保育施設の保育料は東大阪市が設定しています。

保育料の金額は市民税額(配当控除や住宅取得控除額等を控除する前の額)から算定され、東大阪市に支払います。
きょうだいは、上の子の年齢によって、2人目以降のお子さんの保育料が軽減されます。
詳しくは、保育料(利用者負担額)について(ひがしおおさかし子育て応援なび)をご覧ください。

●私立幼稚園の保育料

新制度に移行していない私立幼稚園の保育料は、園で独自に決めた額となります。
幼稚園就園奨励補助金(私立幼稚園) があるほか、きょうだい割引などの制度を設けている園もあります。
※2019年10月から「幼児教育・保育の無償化」により月額2.57万円まで無償となりました。

●認可外保育園の保育料

園で独自に決めた額となります。
無償化の対象となるかどうかは、各園にお問い合わせください。


諸経費

保育料とは別に、園に直接支払う経費(制服や教材・行事などの費用)などがあります。金額や徴収方法はそれぞれの園で異なります。
選考時、入園時、通園中、進級時、行事のたびなど、どのタイミングに何がいくらくらい必要なのか、入園時の資料ではわからない部分もあるので、口コミなどで情報収集してみてください。


その他の費用

この他にも、通園や季節行事で必要なグッズや、写真など任意で購入するもの、懇親会などの交際費や交通費などいろいろあります。園や地域で開かれるバザーやリサイクルを上手に活用したいですね。

参照リンク:
・「幼児教育・保育の無償化」特設サイト(内閣府) よくわかる「子ども・子育て支援新制度」(内閣府) 

Information

comment

おしえて!口コミ

あなたのメールアドレスが公開されることはありません


*



※施設の情報が変更になっている場合がございます。事前に電話で確認してからお出かけされる事をお薦め致します。情報に誤りがある場合には、お手数ですが、お問い合わせフォームからご連絡をいただけますようお願いいたします。